濡れて透けた下着に大興奮!突然の雨で見られるエロいシチュエーション…最も透けた下着が見える場所はココ!

街を歩いていると、たまにブラやパンティが透けて見えてる女性がいたりします。

今時ブラが見えたくらいでそこまで喜べるのって中学生くらいじゃ?とか思うかもしれませんが、マスターは40を超えてもまだまだブラの紐が見えただけでテンションが上がります(笑)

普段見えたりするラッキースケベももちろん素晴らしいんですが、本日は梅雨入りになったというのも含めて、

“突然の雨で濡れて透ける下着”

にスポットを当ててみたいと思います♪

好きな男性多いですよね?モロに”どうじゃい!見たいなら見れば!”って裸を見せられるより、服が濡れて透けて見える下着の方がエロく感じる事もありますし^^;

不思議なもんですよね、エロ心理って♪

どうせ見えるならより多くの透けた下着が見たい!って事で今回もマスターがエロい知恵とこれまでの経験を絞り出して書いていきます!

まぁいつもの如く、興味無い方からすればほんっとに時間が無駄な事に情熱を注いでるんですけどね、マスター^^;

↑↑サンプル画像 雨に濡れた体を痴漢され感じまくる敏感ちくび○学生2 より

◯透けた下着がより多く見えるスポット

まず当然ですが、いくら突然雨が降ってきたとしても、自分以外に人がいてないような場所だと何の期待感もありません。

他の人…それも女性がいてないとダメですよね?

田舎でポツンと佇む一軒家の前にいたってなかなかラッキースケベは起こりませんから。

  • コンビニ
  • 横断歩道
  • バス停
  • 通学路

マスターが経験上よく透けた下着が見られるスポットは大体上の4つ!

よ〜く想像してもらえれば「『駅周辺』にいれば全部解決しそうじゃね?」って思うかもしれませんが…まぁその通りなんですけど(笑)

一つ一つ解説していきますね(^^ゞ

◯駅

これは雨の日に透け下着が見える定番のスポットです。

駅に向かって歩く女性はもちろん、電車に乗って駅に到着したものの、さっきまで降ってなかったのに降りたら突然の雨…そのどちらのパターンでも見えやすいです。

車以外の移動手段で一番利用者の多いのは当然電車です。

突然雨が降ってきたとしても、”もうちょっとで駅だし、ちょっと急ごう!”とか”駅までとりあえず行けば後は大丈夫だから、駅までは濡れてもいいわ”

とか、とにかく駅は雨が降っても関係なく人が集まる場所なんです。

これが本屋とかケーキ屋とかならどうです?

(本買いに行こうと思って外に出たけど、雨降ってきたし今日は辞めて帰ろ…)

とかになる可能性がありますよね?

でも駅を利用する人にとっては、どこか別な場所に電車で移動する目的、用事があって行く訳ですから、雨が降ってきたからって向かわない訳にはなかなかいかないんです。

そして若い女性は特になんですけど、雨が突然強く降ってきたからといって、”駅までまだ少しあるから傘でもコンビニで買っていこうかな?”って行動にもなかなかなりません。

数百円のビニール傘といってもケチる人はかなりいてます。

女子高生なんかだと特にですが、わざわざその日の帰宅だけの為にビニール傘を買ってまで雨を避ける人は少ないはずです。

マスターなんて今でもケチりたくなりますから。後は家に帰るだけって時に電車を降りて雨が降っていたとしても、傘がなかったら濡れて帰ろかな?って。

さっさと帰って、濡れたら濡れたで家でシャワーでも浴びたらいいわ、くらいの考えの人は多いですよね(^^)

という訳で『駅』が濡れて透けた下着を見れるスポットの第1位です、恐らく♪

降ってきたけど”とりあえず”駅まで行こ!

傘持ってないのに…でも帰るだけやから”とりあえず”家まで濡れて帰ろ!

……この”とりあえず”が雨の日はエロいシチュエーションを生むんです(^^ゞ

◯コンビニ

ここも最近では結構鉄板です!

最もお手軽に全国的に傘が買えるお店はコンビニです。駄菓子屋さんやタバコ屋さんにもあるかもしれませんけど、コンビニは全国的にあちこちにありますからね。

OLさんなんかは突然の雨だといっても、今から営業に出たりお客様と約束があるとかだと、さすがに濡れまくった状態で突き進む訳にはいきません。

子供連れの主婦なんかにしてもそうです。自分はともかく子供が濡れたら可哀想だと思えば、傘をコンビニに駆け込んで買う人もいてます。

いきなり降ってきた際、特に急いでなければコンビニの前にいてるだけでも何人かの透けた下着は見る事ができるかもしれません。

ただしいつも言ってますが、犯罪行為はダメですよ!盗撮したりするのは止めて下さいね!

自分の目のフィルターに焼き付けて下さい^^;

コンビニは傘を求めて濡れた女性が来るだけじゃなくて、もう一つ高確率で透けた下着を見れる理由があります。

それは“雨宿り”です。

コンビニの建物は結構横に長いです。自動ドアの前にいるのは迷惑ですが、コンビニは入り口付近全てに屋根がありますから、コンビニに入らずにお店の入り口付近でしばらく雨宿りをする人もよく見かけます。

通り雨のような時は特に見かけます。

たまたまの雨で、丁度コンビニの近くにいてるなら、少し意識して見てみるといいかもしれません。

濡れた女性が傘を求めて来店したり、雨宿りでスマホ片手に時間を潰す女性の下着が見えるかもしれませんよ♪

◯横断歩道

この横断歩道はどこの横断歩道でもいいんですけど、その強みは”強制的に止められる”というトコロです。

横断歩道に付き物の「信号」、これがミソで、目的地が目の前でも信号が青に変わるまでは雨でも待たないといけません。

傘を持っているなら何も問題はありませんが、傘がない状態での突然の雨の場合、横断歩道は赤信号で待っている間ずっと濡れ続けるトラップになるんです!

車の通りがそこそこあるような信号だと、信号無視もできませんからひたすら濡れ続ける事になります。

先程の駅とのコンボになりますが、『駅前の横断歩道』は高確率です。

(後はこの信号を越えたら駅なのに!)

ってシーン、よくあります。

大きなターミナル駅の前はほぼ確実にこういった状況が発生します。

博多駅や京都駅…大きな駅、利用者が多い駅で駅前がバス停なんかで開けている駅…そういった駅前は必ずと言っていいほど横断歩道がありますからね。

“駅前の横断歩道”は信号がある限り確実に足止めを食らって突然の雨なら濡れる量、時間が増えるスポットですよ♪

◯バス停

バス停も考え方は電車の駅と同じで、”とりあえず”バス停まで行っちゃえ!って感じで濡れたまま向かう女性が多いです。

ただ、電車の駅と違って”降りたバス停”から濡れるパターンは防ぎようがない”透け下着スポット”になります。

電車の場合は、電車から降りて即濡れるって事は無人駅なんかじゃない限りなかなかありません。

電車を降りた時に降っているようなら、駅で雨宿りもできますし、時間やお金に余裕があるならキヨスクなんかの売店で傘を購入したりできますから、いきなり濡れるって事はないはずです。

でもバス停の場合は乗車中に突然降ってこられたら、降りる時には問答無用で濡れます(゜o゜)

バスは降りてからほぼ間違いなくどこかに歩いて向かわなければなりません。

それが近くの駅なのか歩いて帰れる家なのかは分かりませんが、バスは降りた時に降っていたら確実に濡れます。

駅まですぐのバス停とかだと、下着が透けて見えるほど濡れるまでには屋根がある場所に入れるとは思いますが…^^;

バス停は降りてから横断歩道がある場合も多いですので、「バス停+横断歩道での赤信号」のコンボが発生する可能性も高いですよ。

◯通学路

通学路に関しては、詳しく書くと雨天時の不審者が急増しても困りますので細かくは書きません^^;

ただ、ラッキースケベとしては急な雨の場合、歩いている学生よりも自転車の女子の方がよく下着が透けているのを見かけます。

歩きだと、傘を持ってる友達に入れてもらったりもできますし。

自転車だと、傘をさすと片手で運転するのを避ける人は濡れるしかありませんし、多少見られてもいいやと思ってそのまま濡れながらこいで行く人も多いです。

間違っても犯罪行為はやめて下さいね!( ゚д゚)

声をかけたり写真撮ったりはいけませんよ!!

不審者として通報されてもマスターは一切責任を負いませんので、自己責任でお願いします。

◯雨で透けた下着まとめ

マスターは透けている女性の下着なんかは大好物ですので、常に意識して歩いているんですが、皆さんはどうでしょうか?(^^)

ただし、先程も書きましたが、盗撮行為なんかはやめましょうね。

最近は学校周辺の”不審者情報”がメールにすぐ送られてくるシステムがあって、怪しい人物はすぐに登録者に情報が行き渡るようになっています。

だからって訳じゃありませんが、皆様も犯罪行為は一切なしに普通にラッキースケベを楽しんで下さいませm(__)m

真面目そうなOLさんの透けた下着が黒のセクシー下着だったり、最近では女子高生でも白のシャツに挑発するように赤のブラなんかを着けている人もいます。

そういうシチュエーションに出会えたら1日ハッピーですよ♪

後、これはエロ話とは別になりますが、最近はとてつもないゲリラ豪雨になる事もあります。

そんな時はエロ云々関係なしにまず自分の身の安全を確保してくださいねm(__)m

雨で透けた下着に目を取られて事故にでも遭ったらシャレになりませんから…。

皆様素敵なピンクライフを…。

DUGA

欲しいモノ検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする