AVアテナ映像様の『ザ・面接』シリーズ!予想外の展開で抜ける貴重なAV!20年以上続く超人気シリーズをご紹介!

今回ご紹介するAVの人気シリーズは、アテナ映像様の老舗人気シリーズの『ザ・面接』です!

マスターと同じアラフォー世代のAV好きなら、1作も見た事ないなんて人はいてないんじゃないか?と思うくらいの有名シリーズです(^^)v

AVには珍しい、少し笑えるシーンもあるのも大きな魅力のこのシリーズ!その魅力をたっぷりと紹介します(^-^ゞ

↑↑「ザ・面接 VOL.86」より↑↑

◯AVの常識を覆した名作!

普通AVを見る時って、女優さんとかプレイ内容とかシチュエーションなんかを意識して選びますよね?

基本的に見る人は男性がメインですから、AV女優さんが当然目立って、男優さんは控え目です……がっ!

この『ザ・面接』シリーズでは、女優さんはAVの面接に来ただけの、ほぼ素人女性です。

その面接に訪れた女性を、面接の場で感度チェックや実技試験等の理由でそのままSEXに持ち込んでしまう…まぁ面接に来た人も犯られちゃうのも込みで来てるでしょうけど…(^^)

その女優さん達に絡む男優さん同士のやり取りが面白く、思わず笑いが込み上げるシーンも多々あります。

おぼろ気な記憶ですが、マスターが好きなAV男優の森林原人さんがこのシリーズに出始めの頃、

先輩男優さんによくいじられたり、さぁSEXするぞ!って時に他の男優さんに何度も女性を横取りされてSEXしそこねたり…(笑)

とにかく女優さんよりも男優さんの動きや会話が記憶に残るという…

ある意味AVでのタブーを破ったんじゃない?とか勝手にマスター思ってるんですが、

AVで男優さんの方が記憶に残るだなんて!って思う人もいてるかも知れませんが、安心して下さい♪

そこはプロの男優さん達です。面接に来た女性をあの手この手でエロモードにして、しっかりHするシーンはハズレなくオナニーできますからね!

台本なんかほぼないでしょ?って思うくらいに、その時その時の男優さんの臨機応変の立ち回りはリアリティに溢れてますし、

ほぼ素人同然の面接に来た女性のエロさと相まって、予想以上のエロい効果を連鎖的に生み出す名シリーズになってます!

そもそも、マスターは自分がオナニーできないAVは紹介しませんから、自信を持ってオススメしてますよ(^-^ゞ

◯AV界屈指の長寿シリーズ

この『ザ・面接』シリーズ、代々木忠監督の名作で、第1作は1993年4月にリリースされてから、現在まで120本以上、20年以上続く超人気シリーズになってます。

20年以上続くと、さすがにAV男優の入れ替わりもちょくちょくあって、そのあたりも普通のAV作品と違う、歴史あるシリーズだと感じる事ができます(^^)

余談ですが、マスターの好きだったAV男優の平本一穂さんも、この『ザ・面接』Vol.113をもってAVを引退してしまいました(ノ_・,)

ま、本当に余談ですけど(笑)

ザ・面接 VOL.152 膣が歩きそうな女たち

↑↑マスターオススメ無料サンプル動画「ザ・面接 VOL.152 」より↑↑

◯関西弁のエロい魅力を再確認!

このシリーズ、面接での女性、男優とのやり取り、リアルなSEXがもちろん抜きドコロなんですが、

忘れちゃいけないのが”隊長”と呼ばれるこの面接軍団のまとめ役、「市原克也」さんです(^-^ゞ

見た目はイカつく、話す言葉もバリバリの関西弁で、初めてマスターは見た時、

「怖っ!」

って思いましたもん(笑)

スキンヘッドにグラサンで、当時はマスター、スキンヘッドにグラサンの風貌と言えば、

サンプラザ中野さんか市原克也さんか、ってくらいの2大スキンヘッド&グラサンでしたから(^^;

この市原さん、見た目は怖いですが、時折見せる笑顔が堪らなく素敵で、グラサンをかけてても口元や目元の下がり具合で表情が伺える、このシリーズではなくてはならない隊長さんです!

市原さんの何がこのシリーズでいいかと言うと…バリバリの関西弁です(笑)

「なんや奥さん、もう濡らしてるんか!」とか「しっかりハメたり!」とか「エロい臭いがしてきたでぇ!」

みたいな言葉をバンバン言います。無理やり関西弁を使う人の違和感は、マスターもずっと大阪に住んでるんで、すぐに分かりますけど、

市原さんのはほんまの関西弁で、一つ一つがエロいです(笑)

面接に来た女性も、市原さんの関西弁での言葉責めと、他の男優さん達のエロい責めによって完全にエロい本能がむき出しになってきます!

単なる面接中にそのままAV撮影って流れはインディーズのAVでもありますけど、

この『ザ・面接』シリーズ特有の、明るい雰囲気の面接からエロモードになった時、一気に場の空気をエロく変える雰囲気と言葉責めを巧みに操って、思いきり抜けるAVに持っていけるのは、

市原さんのキャラがなければ成り立たないと言っても過言じゃないくらいの名作です♪これは他のメーカーでは絶対に真似できませんから(^^)

関西弁で的確にエロい事を言われて、面接に来た女性が明らかに最初よりエロくなっていくのは、シリーズ通して見れる見所ですよ!

◯見つめるシーンがGOOD!

このシリーズでマスターが個人的にいいなぁと思うポイントは、

ずばり“見つめ合う”シーンです。

単体のAV女優さんと男優さんの恋人風の絡みの時なんかはよく見かける、Hの時に軽く見つめ合うようなシーン。

実際にマスター達がリアルにHする時でも、初めてHする相手とは、いきなり獣みたいにSEXするより、見つめ合ったり、軽く声をかけてあげながらSEXする方が女性も安心できます。

このシリーズでも、男優さんが素人同然の女性と絡む訳ですから、ちょくちょくお互いの目を見て確認したり、「入れるよ」とか「いきますよ」みたいな会話を軽く交わしてるシーンがあります。

全ての作品にある訳じゃないですけど、見つめ合うシーンはよくあります。

正常位で入れてから女性の目を見て、女性も男優さんの首に手を回してそれからお互い激しく動いたりとか…。

面接に来た女性を力任せでレイプ気味に何でもかんでもHする訳じゃなくて、

女性の気分を高めるように持っていってから激しくHする…その時には女性も完全にエロモードに入ってますから、

その後の展開をどんどんエロくしていってもついてきてくれます(^^)

最初に乗り気になってないと、その後にどうHしても盛り上がれないですからね…。

女性からしても男優さんの気遣いなんかも見れると思いますんで、AVを見慣れていない女性でも見れるし、Hな気分に男女ともなれる貴重なシリーズだと思います(´∇`)

↑↑「ザ・面接 VOL.153」より↑↑

◯もう一人のエロ女優

このシリーズの影の主役とも言えるのが、エキストラで毎回5,6人面接に参加してる女性面接官の存在です(^^)

面接に来た女性が乱れていくのを目の当たりにして、そのエキストラの女性も濡れてきたり、人によってはその場で男優さんに弄られたり、

フェラから3Pとかになったりする展開もあります!

これはこのシリーズ特有のオナニーポイントです(^^)

面接に来た女性のエロいシーンで抜けるのは当然として、当初Hする為に来た訳じゃない、エキストラの女性面接官が流れで男優さんにイカされる…

それも全員がHする訳じゃなくて、その中の何人かがHするのがミソです♪

全員がいつもいつもHするなら、ジャケットを見て女性面接官を見たら、

「あぁ、今回はこの人達がHするのね」

って展開も読めますが、5,6人のエキストラの中で誰か数人のみエロくなるので、誰がエロモードになるかは本編を見るまで分かりません!(゜ロ゜)

エキストラはスーツ姿なんですけど、その服装から犯されて乱れていく姿は、マスターは間違いなくオナニーできますし、

見てる人のほとんどは後半にある、エキストラさんのSEXシーンに勃起すると思います(^^)

(えっ!あなたがHするの?しかもめちゃエロいやんか!(゜ロ゜))

なんて思う事はしょっちゅうありますよ♪

中には面接に来た女性顔負けのエロさを出す女性エキストラの人もいて、市原さんや男優さんもリアルに驚くような展開になる事もしばしば起こります。

予想外の展開からの乱交になって、そのまま作品がエンドを迎える事もあったりで、

ほんとに楽しめます。ラスト付近では、あっちでアンアン、こっちでフェラ、隣で騎乗位…なんて展開もあったりで、どの女性のエロシーンでオナニーすればいいのか悩むほどですから!

AVの面接→即SEXって流れは凄くシンプルですが、市原さんの存在、AV男優達の現場での楽しそうな姿、エキストラのまさかの淫乱H…なんかが上手く合わさって、それまでオナニーせずに我慢してこれたとしても、

ラスト15分は完全に視聴者はオナニータイムに入る事になります(・∀・)人(・∀・)♪

今回はアダルトビデオ時代から続く人気シリーズ、『ザ・面接』を紹介させて頂きました(^-^ゞ

単なる”面接からの騙しHモノ”と思ってる方!とりあえず1作見ればそんな単純な展開の作品じゃないってのがすぐ分かります(^^)

ほんと…マスターよくオナニーしたなぁこのシリーズも……(笑)

皆様素敵なピンクライフを…。

アテナ映像

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする