AVのデビュー作…いわゆる処女作はこのポイントを意識すれば数倍興奮できる!

どんなに有名なAV女優さんも、何百と世の中に作品をリリースしているベテラン女優さんも、

一つだけしか存在しない、でも確実に一つは存在する…

それが『デビュー作』です。

『処女作』ともいわれたりしますが(^-^)

皆さんはAVの処女作って見たりしますか?

今回は恥ずかしさやあどけなさが残るAVの中でも貴重な『デビュー作』をより楽しめる見方をお届けします(^-^ゞ

↑↑画像は「女子大生をナンパしてAVデビューさせちゃいました。」より↑↑

◯まずはAVルーキーの方の登竜門

書いてるマスターが言うのもなんですが、最近はほとんどデビュー作品は見てません(笑)

分かる方は何となく分かってもらえると思いますが、

“過激さ””エロさ”を追及し出したり、

(今日はこんなプレイで抜きたい!このシチュエーションで思い切りオナニーしたい!)

ってオナニーの”決め打ち”を考える人は、ほとんどAVデビュー作は選ばないと思います。

なぜなら、単体女優のAVにおいて、最初の作品からとんでもないエロさや、

ありったけのシチュエーションを詰め込む事なんかまずないからです(^^;

たまぁにデビュー作からアナルプレイをこなしたりの強者もいてますが、

ほんとに“まれ”な例だと思って下さい。

じゃぁどんな方が処女作を手に取るかというと…

見る側もまだAVに慣れてない方や、

逆にソフトなAVを見たい気分の方、ジャケットの女優さんの顔やスタイルがドストライクにハマった方…

そしてマニアックな選び方とすれば、

素人に近い反応を見たい方にも喜ばれます(^^)

マスターは中学時代に初めて見たアダルトビデオが、モザイクなしの裏ビデオで、いきなり裏から見るようになりましたが、

まだHに慣れていない方や、AVがどんなものか少しずつ知りたい方なら、

しょっぱなからマニアックだったりハードなモノを見るより、

比較的ソフトで、純情な雰囲気もある(実際はAVに出てる時点で純情ではなさげですが…)ような

AVデビュー作から見る方がすっきりとオナニーできるはずですよ♪

AVの裏ビデオを初めて見た中学時代…モザイクの向こう側に見えたモノは…
モザイクなしのいわゆる「裏ビデオ」「裏DVD」...。初めて見た人は衝撃を受けますよね?大人になってから見る裏モノは大興奮ですが、生涯初めて見たAVが中学生の時に見た裏ビデオだったマスター...。中学生の目にはモザイクなしの世界はどう映ったのか...?

◯よくある流れ

ここで、マスターが知る昭和時代から変わらない、AV処女作によくある”流れ”をご紹介したいと思います(^^)

  1. インタビュー(AVに出るようになるまでのいきさつや経験人数や趣味等…)
  2. 流れでそのまま男優さんが登場してボディタッチやディープキス
  3. 恐る恐るのフェラ、初絡み
  4. 場面が変わってオナニーかフェラ抜き
  5. イケメン男優と恋人のようなしっとりH
  6. 最後は男優2人との3Por少しシチュエーションを変えての1vs1でのH

マスターが見てきた多くはこんな感じの流れになっていましたし、

インタビューからそのままHになるか、ホテルに場面が変わっての初絡みになるか…

等の細かい違いはあっても、大体は合ってると思います(^-^)

最後を3Pではなく、全てを1vs1の絡みで作品を作る場合は、

射精の場所に変化をつけて、絡みが3回だとしたら

最初の2回を胸に出して、最後は顔か中出しにしたり、

間のフェラのみの撮影の時に顔射や口内射精にしたりして、

同じHばかりの繰り返しを避ける為に、変化を入れてきます(笑)

一番マズイのは、3回絡みがあるとして、その全てが1vs1、全てのフィニッシュが胸に出す…

このパターンは初めてAVを見る人や、よっぽどその女優さんがドンピシャで好みとかじゃないと、

なかなか継続しては見てもらえません(>_<)

◯デビュー作での”個性”の出し方

同じようなHを続けただけの作品だと、どうしても見てるこちらの目も慣れてきちゃいます(^^;

毎月何十人とデビューする群雄割拠のAV界…

実際にマスターも、毎月のデビューする女優さんをチェックしたりしますけど、

同じプレイを同じようにするのは、

悪くはないんですが、特に印象に残りません。

どれだけ美味しい極上のステーキでも、ずっとそればっかりだと飽きてきますよね?

そんな感じで、AVの場合、こちらが変化をつけるのは難しい…せいぜい右手でのオナニーを左手に変えるとか、

そのくらいですから。

そこで、最近はデビュー作とはいえ、どこのメーカーも”記憶”に残らせる為に色々と煽ってきたりします(笑)

『現役美人教師、ついにAVデビュー!!』

とか

『某有名女子大で、ミス◯◯に選ばれたあのコがデビュー作で魅せる、本気イキ!』

みたいな(^-^)

どこまでがほんとかどうかは分かりませんが、

少なくとも普通にジャケットを見た時に、(ん?)って目を引くのは間違いありません。

名前や顔がある程度売れてからなら、個性アピールはそこまでいりませんけど、

まずは皆に見てもらわないとどうしようもないですから、

印象付ける為に”煽る”、デビュー作での個性的なジャケットや紹介文は、今や必須のポイントです。

↑↑「大学病院勤務の現役ナースがAVデビュー! 蕪木スイ」より↑↑

◯デビュー作をより深く楽しむには

さてさて、ここからは少しディープな楽しみ方をお伝えしていきます♪

まず、最初の絡みで見たいのは、やはり体の反応や喘ぎ声です。

気持ちが入ってくると喘ぎ声は自然と出ますので、

ぶっちゃけ、デビュー作でも10作目でもそこまで変わるもんじゃありません。

むしろ喘ぎ声で変化があるという事は、どちらかは演技で声を出している可能性もあります(笑)

無意識に出す喘ぎ声や、感じてきた時の反応なんかは、意識して出せるものじゃないですから。

逆に言うと、声や感じ方がツボにハマれば、2作目、3作目でも気持ちよく抜ける要因になるはずです(^^)

◯3つのポイントで興奮すべし!

「声や感じ方が2作目とかでも同じなら、別にデビュー作ならではの楽しみ方じゃないやん」

そうですよね?

ではここで、4桁を超える数のAVを見てきたマスターから、本当に意識して見れば楽しめるデビュー作の見方をお伝えします。

ずばり見るべきポイントは

  • フェラチオ
  • 騎乗位
  • 3P

です!(^-^ゞ

普段のAVでも楽しめるプレイの数々なんですが、

“処女作”ならではのお楽しみがこの3つのプレイの中に込められています♪

◯フェラチオ

このフェラは、実はなかなか”たどたどしい”フェラ、本当にH慣れしていないフェラには遭遇できません。

というのも、後で話す騎乗位や3Pと違って、ほぼ普通のHの経験でもこなすプレイですから、

プライベートでのHでフェラ慣れしてる女優さんの場合、

AVとして、撮影されるのはデビューでも、実際はこれまで男性経験が豊富だったかどうか?

うっすらと見え隠れするのが、フェラチオなんです(笑)

例えば、最初のインタビューで

『男性経験は2人だけです♪』

なんて答えた方が、いざフェラの撮影になった時に、

ジュルジュルと唾液を絡ませる音を立てながら、前後に激しく自ら首を動かして、

自然と裏筋に舌を這わせるような動きを見せたりしたら…

“絶対もっとたくさんのチン◯咥えてきてるやろ!(゜ロ゜)”

ってなりますよね。

それか、一番最初のフェラの撮影ではわざと慣れない手つきと舐め方で無難にこなしてたのが、

最後の撮影の時には少しずつ慣れもあって、

結構激し目のフェラを、いつもの調子で無意識にしてしまってたり…。

という事でポイントとすれば、

処女作全編通してフェラが明らかに不慣れ、苦手そうなら、

本当に男慣れしていない、素人よりのAV女優なのかもしれません♪

ただ、フェラがやたら上手そうだからといって、男性経験が多いとも限らないのがややこしいトコロなんです。

例え人数としては少数でも、その中の彼氏なりセフレの男性が、

やたら細かいテクニックを求めてきたりするようなパートナーだとすると、

人数に関係なく上手なフェラが自然と仕上がってる可能性もありますから(^^;

◯騎乗位

これは、フェラと違ってプライベートでいつも騎乗位で腰を振る女性っていうのはなかなかいてません。

基本、男性主導で動くSEXが多いと思いますし、

デビュー作で腰をグラインドさせて動かすような女優さんは…

高確率で遊び慣れてる女性だと思います(^-^)

騎乗位に慣れていない女性の多くは、上下ピストンだけの運動だったり、

体を前に倒して、男性の肩や体の横あたりに両手をついて、ぎこちなく動く感じのが多いです。

両手をどこにもつけずに、しっかり体を伸ばしたままで腰をエロく、

上下じゃなく前後に擦るように動かしたりするシーンがあれば、

プライベートでも騎乗位で動き慣れてる可能性が高いですよ(^^)

素人寄りのSEXで抜きたい人は、ぜひデビュー作での騎乗位はチェックしてください!(^-^ゞ

◯3P

そもそもデビューから3Pは、する女優さんもいれば、しない女優さんもいてます(^^;

でも、まだH慣れしてないなぁ?って興奮が一番生まれる可能性があるのは、この3Pです!

なぜかと言うと…

AV以外の生活では、なかなか3Pを経験する機会はありません!

AVではよく見ますし、よっぽど遊び慣れてる人なら男女問わず経験する事もあるかもしれません。

でも、普通に生活している中で、なかなか3Pになる事ってありませんからね(^^;

マスターも何度か『マスターがどうしてもしたいなら3Pしてもいいよ』

って言ってくれたセフレはいてましたが、なんだかんだで3Pはした事がありません。

AVでも処女作で、手際よくスムーズに3Pを難なくこなす女優さんってのはなかなかいてませんよ。

フェラしながら後ろから突かれるにしても、

どうしてもフェラはお休みになっていたり、

お尻の角度にしても男優さんが調節して上手くフェラとバックと両方無理なくできるように持っていってますから(^^)

やり慣れてる女優さんなら、咥えながら軽く後ろを確認して、

自分でお尻を突き出す余裕もあったりします。

自ら後ろに少し下がりながら、男性が入れやすいようにお尻の角度も上げてみたり。

騎乗位で腰を動かしながら、別のチン◯を咥えたりするシーンでも、

騎乗位だけに意識がいくと、どうしてもフェラはできずに、手で握るだけとか、

咥えてるだけでどうしようもないってシーンはよくありますから。

ただ、それでこそAV慣れしていない抜きドコロになるんですけど♪

全てを手際よくこなせる処女作ってのも……ねぇ(^^;

◯まとめ

今回、AVとはいえ、完全にH慣れしてる女優さんのエロじゃなくて、

せっかくのデビュー作なわけですし、どこかまだ素人寄りの女優さんのAVで抜きたい…

って方の目線で書いてます(^^)

男って勝手なもんで、風俗なんかでも

『とことんエロくしてもらいたいけど、あまり”仕事”的に慣れちゃってる嬢より、素人みたいな嬢がいいなぁ』

とか思ったりするんです(笑)

そのくせ、指名何ヵ月待ちなんかの人気嬢のテクニックも一度は味わってみたかったり……。

AVの場合は、風俗と違って、女優さんがどれだけエロに慣れてても、慣れてなくても、

基本的に絡むのはプロの男優さんですから、男優さんの動きにはほぼ無駄なアクションはありません。

特に女優さんのデビュー作ともなれば、普段以上に男優さんは丁寧に優しく、恐怖感や不安をできるだけ与えないように意識していると思います。

女優さんの一つ一つの動きや、無意識のプレイを見てると、

たまに見え隠れする、演技じゃないぎこちなさに興奮できたりするのがデビュー作でしか見れない大きな魅力なんです。

繰り返しになりますが、男優さんの絡み方自体はデビュー作だと優しく、丁寧に女優さんをリードしてくれてますから、

後は女優さん次第で、慣れた感じかぎこちない感じかは決まってくる訳です♪

AVは見たいけど、明らかにH慣れしてる女優さんのはなぁ…

って気分の方は、ぜひ一度初心(?)に返って、単体女優さんの“デビュー作”に目を通してみる事をオススメしますよ(^-^ゞ

次にデビュー作のAVを見る機会があれば、ぜひ今日マスターがお伝えした事を意識して見てみて下さいね♪

皆様素敵なピンクライフを…。

↑↑無料サンプル動画「可愛い過ぎるヤンキー娘デビュー!」より↑↑

アダルト動画 DUGA -デュガ-

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする