AV好きな男性がついしてしまいがちな身勝手Hとは??

本日は特に男性が陥りがちな”身勝手なH”についてのお話…

最近はエロDVDもどんどん過激に、内容もハードなHなモノが増えたりして、見てる我々も目が肥えていってます。

エロDVDとかエロサイト等で、恋愛やH経験もそんなにないまま、知識だけが頭でっかちになると、いざ女性とHする時なんかに自分の想像と現実のギャップが生じたりします。

当然ですが、AVはあくまでAVです

よくあるのが、『バイブ等のオモチャ、ガンガン動かしたら気持ちいいんやろ!』とか、

『とにかく太いオモチャを入れれば女性は皆気持ちいいんやろ!』

って思う男性…。いや、マスターも昔はそうでしたm(__)m

すごく太いディルドがあって、女性にガンガン入れてたんです。

何度かHの時にそのぶっといディルドを使ってたんやけど、ある日「あのオモチャ、痛いから使うのやめて欲しいな」って…。

そう…若かりしマスターはオモチャがスッポリ女性のアソコに入ってるし、それなりに喘いだりしてたから、すっかりツボにはまってるんやなぁって勝手に勘違いしてました(ノ_・,)

それ以来はたまぁに、それも女性のお許しがあった時だけ使ってました(笑)

バイブでもそうですけど、AVでは動きをつけて見せる為にガンガン動かしたりしてますけど、

実際は女性の反応を見てからじゃないと、単に激しく動かしたら誰でも気持ちいいってもんじゃありません。

痛いだけの場合もありますよ!

無理やりのプレイはよく誤解されやすいですが…

他に、頭でっかちの男性が間違ってやっちゃいそうなのが、

『(レイプみたいに)無理やりでも入れたら、結局誰でも気持ちいいんやろ!』

ってパターン。

これは大きな間違いです(゜ロ゜)

AVでは定番です、「レイプ」モノは。あくまで”AVでは”ですけど。

女性が嫌がって抵抗するも、最終的には男性の力、あるいは複数の男性に捕まって無理やりレイプされる…

で、AVによっては女性自ら「気持ちいい♪」とか「もっとして!」とか言ってたり…

余りにもレイプシーンがAVには多いし、最終的に女性が気持ちよがって腰を振ったりおねだりしたりするシーンも多いから、

勘違いする男性も多いんやけど、

レイプで気持ちよくなってる……ように見えるのはAVやからです!

見てる男性を興奮させてオナニーさせる為の演出やからね、誤解しないで!

たまに、「無理やりでも濡れてるって事は…結局やりたいんでしょ?」

って思うスーパープラス思考の男の方(゜ロ゜)

あれは単純に女性の体の反応として濡れてくるだけで、心が(レイプ犯と)Hしたいから濡れてるわけじゃないからね!

男性だって、特にHな気分じゃなくても、しごかれたら勃起する事もあるでしょ?

そこらへんを間違えると、自分勝手なHになって、パートナーを傷つける事もあり得ます(>_<“)

AVはあくまで作り物やと思って下さいね。

現実ではあり得ないHが見れるのもAVの醍醐味ですから♪

そもそも男性が『Hしたいから無理やりでもレイプする』→『女性はどんな男性にでも無理やり犯されるのが大好き』やとしたら、

法律に”強姦罪”なんてのはないはずですから。無理やりされるのが嫌やから法律にもあるんですよ。

誰もが喜ぶ事なら、誰も罰しません…とマスターは思います。

お互いに了解を得て楽しむなら”レイプっぽい”プレイもありやと思いますけど、

間違っても片方の勝手な思いで無理やりHに持っていったらダメですよ!

そして、オトナのオモチャも楽しく気持ちよく使いましょ(笑) このサイトに来てくれてる方が、若かりし日のマスターみたいになりませんように…。

皆様素敵なピンクライフを…。

アダルト動画 DUGA -デュガ-

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする